どんなメリットがあるのか

住宅模型

賃貸の貸主側(大家)が賃貸保証会社を利用するメリットは、何と言っても「家賃滞納のリスクを少なくすることができる」ということです。入居者の中には、家賃を滞納してしまう人もいますし、そのことは家賃収入に直結する問題になります。ですのでそのことに頭を悩ませている貸主も多いと言えますが、保証会社を利用すれば、滞納があってもすぐにその分を保証してもらうことができるのです。そして賃貸保証会社を利用するには利用料金を支払わなければならないのですが、それを支払うのは入居者のほうになります。そのため貸主側は、「利用料金を支払うことなく保証サービスを利用することが可能」ですし、そのことも大きなメリットだと言えるでしょう。また入居者にとっては、連帯保証人を用意できないケースでも賃貸契約ができる場合があるというメリットがあります。

仕組みや保証料の相場とは

手を上げる女性

賃貸保証会社は、保証料と呼ばれる利用料金を入居者が支払うことで、滞納家賃などを保証してくれるという仕組みになっています。もともとこのサービスは、連帯保証人が用意できない入居者のためのものであり、連帯保証人の代行をするという意味合いのサービスでした。しかし最近では、滞納家賃のリスクを減らすという目的で利用されることも多く、連帯保証人が用意できる場合でも保証会社の利用を入居者に義務付けるケースが増えていると言えるでしょう。保証料については、家賃の半月分~1カ月分というのが相場であり、保証会社によってその金額は異なっています。そして保証サービスを受け続けるためには、更新時に、入居者が更新料というものを支払う必要があります。賃貸保証サービスの更新は1年や2年ごとにおこなわれることが多く、更新料に関しては1万円程度かかるのが相場だと言えるでしょう。ですので、賃貸保証サービスの利用を入居者に義務付ける場合は、入居者側にその費用負担があることをしっかりと説明する必要があります。

サービス内容について

模型

賃貸保証会社がおこなってくれるサービスは、滞納家賃の保証がメインであり、滞納が発生した場合の保証をしてくれますが、家賃以外の部分での保証サービスもあります。家賃以外の保証としては、原状回復費や訴訟費用などがあり、保証会社によってそのサービス内容の範囲は異なっています。原状回復費は、クリーニングや鍵交換などの費用であり、退去時に入居者が負担しなければならないものです。しかし部屋の破損や汚れがひどくて原状回復費が高額になってしまった場合は、入居者が支払えないというリスクもあり得るため、保証があれば安心でしょう。しかしサービス内容の範囲が広いと、保証料も高くなってしまうので、その分入居者の負担も増えてしまうということも考慮する必要があります。

広告募集中